読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

執筆のゲームブロゲリオン

8わりがた、なげだします。

レイトン教授とナルホド君の名コンビに異議はなし

テンサイシリーズ

f:id:VinatiERI:20161211173928j:plain

ニンテンドー3DSレイトン教授VS逆転裁判」。レイトン教授シリーズは「最後の時間旅行」までの初期3作、逆転裁判シリーズは1~4までと「逆転検事」の1と2をクリア済み。逆転裁判シリーズめちゃ好きなのだけれど、この作品から3DS対応になって持ってなかったので、満を持して購入。

 

f:id:VinatiERI:20161211174313j:plain

お馴染みチェルミー警部、冒頭の一瞬だけ登場。イトノコ刑事の方は出てこなかった。

f:id:VinatiERI:20161211174451j:plain

そしてこちらもレイトン教授シリーズではお馴染み、アニメパートが逆転裁判側にも。なんとナルホド君役の声優が、あの成宮君である。真宵ちゃんは桐谷美玲。ナルホド君の方がなかなかの浮きっぷりである。ちなみに最近やったTVアニメ版では別の職業声優さんだった。

f:id:VinatiERI:20161212004436j:plain

両ゲームのシステムまぜこぜ。レイトン風探索パートでは、お馴染みヒントに使える「ひらめきコイン」も拾える。

f:id:VinatiERI:20170112075302j:plain

そしてナゾ。

f:id:VinatiERI:20170112075303j:plain

イギリスに技術交換(?)に来たナルホド君。なぜか弁護をやらされる羽目に。

f:id:VinatiERI:20170112075304j:plain

f:id:VinatiERI:20170112075305j:plain

そんな裁判パートと、

f:id:VinatiERI:20170112075306j:plain

レイトン教授のナゾトキ&探索パート。の繰り返し。

f:id:VinatiERI:20170112075307j:plain

異世界?にやってきたら記憶無くしてパン屋さんになってるナルホド君。

f:id:VinatiERI:20170112075308j:plain

なんか今回のナゾ、

f:id:VinatiERI:20170112075309j:plain

パズル系多い気が。「文章推理問題」みたいのが好きなんだけど。

f:id:VinatiERI:20170112075310j:plain

今回のライバル検察。

f:id:VinatiERI:20170112075311j:plain

f:id:VinatiERI:20170112075312j:plain

ファンタジー世界。

f:id:VinatiERI:20170112075313j:plain

弁護士の記憶戻るナルホド君。

f:id:VinatiERI:20170112075314j:plain

この世界では、

f:id:VinatiERI:20170112075315j:plain

f:id:VinatiERI:20170112075316j:plain

f:id:VinatiERI:20170112075317j:plain

科学捜査無し!魔法有り!

f:id:VinatiERI:20170112075318j:plain

さらに…

f:id:VinatiERI:20170112075319j:plain

一度に複数の証人が登場。1人が証言中に別の人がおかしな様子見せたら「ちょっと!」と「といつめる」新機能。

f:id:VinatiERI:20170112075320j:plain

そして「証言の矛盾を証拠品で突く」だけでなく「誰かの証言の矛盾を別の誰かの証言で突く」事も。

f:id:VinatiERI:20170112075321j:plain

f:id:VinatiERI:20170112075322j:plain

今作も進行上かならず解かなければいけないナゾ以外に「かくされたナゾ」が各所にあるが、私はひたすら裁判がやりたい派なので、すっとばす。

f:id:VinatiERI:20170112075323j:plain

ルーク君が証人に。

f:id:VinatiERI:20170112075324j:plain

教授は魔法で黄金像に。

f:id:VinatiERI:20170112075325j:plain

なんかもうハチャメチャ。

f:id:VinatiERI:20170112075326j:plain

ルーク君が像の向きを調節。

f:id:VinatiERI:20170112075327j:plain

ナルホド君もナゾトキ。

f:id:VinatiERI:20170112075328j:plain

こういうのが好きなナゾ。

f:id:VinatiERI:20170112075329j:plain

ナゾトキもコンビで。

f:id:VinatiERI:20170112075330j:plain

そして脅威の、

f:id:VinatiERI:20170112075331j:plain

10人一斉証言。

f:id:VinatiERI:20170112075332j:plain

ちょっと今回「柄合わせる系」のナゾ多すぎない?

f:id:VinatiERI:20170112075333j:plain

チャンバラアクション?

f:id:VinatiERI:20170112075334j:plain

文武両道な教授。

f:id:VinatiERI:20170112075335j:plain

そして最後はレイトン教授が検察側に立ち、タイトル通りの対決。

f:id:VinatiERI:20170112075336j:plain

f:id:VinatiERI:20170112075338j:plain

クリア。今回、裁判パートでもレイトン教授シリーズの「ひらめきコイン」を使うとヒントが貰える為、ゲームオーバーになる事はなかった。逆転裁判は結構「ゴールは見えてるけど、途中経由しなければならない事項が“正解聞かされても納得しづらいぐらい”わかりづらい」事がままあるのだけれど、今回はヒントで選択肢絞りまくれるのでほとんど詰まる事なくサラッと解決。

f:id:VinatiERI:20170112075339j:plain

が、思ってたより時間かかってた。ナゾトキ探索パートは必須問題以外ぶっ飛ばしたのわりに。ちなみにぶっ飛ばした問題を終盤でまとめて出来るサービスもある。

とりあえず逆転裁判シリーズは、「待った」せずに出ているもの順番に次々やっていきたい。